アーロイが旅するオープンワールドゲームのホライゾンゼロドーンの感想

春極まり、日中の暖かさが過ごしやすい季節になりました。
外へ外出する機会も増えましたが、まずは部屋の掃除をしなくてはと思う日々であります。
それでゲームを整理していると、昨年に遊んだゲームを収納しては、
昨年は何のゲームが面白かったのかと振り返ってみると、
ホライゾンゼロドーンが面白かったという記憶が残りました。DLCにしてもだいぶやり込んだなあと。

機械獣の作り込みを観察すると、一体辺りに数百個ちかくのパーツ構成で組まれていて、
攻撃するたびにリアルに飛び散ったり、弱点となるコアが剥き出しになったりと
ここまでリアルに作られたゲームはあっただろうか?
それがボスキャラだけでなく、そこらにいる機械獣がそんな感じだったのでどれも印象深い。

とはいってもボスキャラの機械獣はデスブリンガーくらいしか存在しなかったので、
どこか味気なさというものは感じるかもしれませんね。
ただ機械獣に騎乗してみたりと、オーバライドでやれることが広がるといった噛ませ要素は
バトルの幅の広がりに繋がるものがあり、リアルなハンティングをしているようにも感じるところがあった。


オープンワールドといえば基本的にはクエストを散りばめたタイプが多いと思いますが、
ホライゾンゼロドーンにおいてもそこは同様だった。
ただストーリーは連番タイプといったものよりは、メインクエスト、サイドクエスト、サブクエスト
といった種類ごとで分けてあるといった感じでした。

そこに山賊の野営地、トールネック、狩場、機械炉、穢れ地帯、チュートリアルといった
クエストが用意されてます。
こちらの方は似たようなクエスト構成で、数をこなして攻略するタイプのクエストです。
どれもサクサクとクリアしやすいように、オープンワールドに配置されている。

その他には収集要素としてグレイザー型ダミー、ヴァンテージ、古い器、バヌークの像、
山ほどあるデータポイント集めなどやることが多いですね。
フォーカスを起動することが多く、フィールドで足跡やら血痕など小さな痕跡を見つけて、
現場を捜査するといったことは割と多く見られたかと思う。
オープンワールドの良さをうまく活かした内容と言えるかなと。


AAAタイトルのオープンワールドと比較すれば、それほど濃い内容と言えるものではなかったけど、
ライトユーザーにも遊びやすく設計した結果のことかなと思えた。
収集要素はそのまま集めるとなるとさすがに大変ですが、商人からマップを購入すると、
大体どのあたりにあるのかサークルで表示されるので集めやすいところがあります。

DLCの凍てついた大地は、拡張要素に近いアップデートだったかと。
アーロイの旅の要素が広がり、あんな感じで遊べる内容が増えるのであればオープンワールドにおける
遊びはどんどん膨らみそうですね。ただ完成させるまでDLCといえども半年近くはかかるようでした。
ホライゾンゼロドーンが売れたのでゲリラゲームズが追加作成した感じっぽかったかと。

北斗が如くに思うゲームプレイを考える

北斗が如くが発売すること約一ヶ月。
そこそこやり込んだところではあるが、DLC関連はまだ全部配信されていない。
といっても、だいぶストーリーを攻略された方も多そうですが、
ミニゲームやらコンプリート要素を眺めますと、あまりトロフィー獲得を最後まで
やらずに終えてしまったユーザーはなんと多いこと。

北斗が如くのサイドミッションでは、トータルで80種類も用意されているので
何かと長い時間遊ぶことになる。今作ではエンドレスエデンまでプレイしないと
全攻略されないような仕組みになっていたので、あえてストーリーをクリアしてから
エンドレスエデンでじっくりとプレイするといったスタイルを推奨しているんだろうか?
なんにしても、いろんなイベントやらミニゲームを含んだサイドミッションだった。


効率の良い北斗が如くの攻略手順とは何だろう?と今一度考えると、
やはり金稼ぎやらコロセウム、バギーレース、カジノでの稼ぎポイントといった部分にある。
慣れればサクサクと稼げるようになりますが、金稼ぎもずいぶんとやることになるので、
いろいろと作業的に大変になってくるところがいくつかあるな。
コロセウムの決闘は総合数で何回プレイしたんだろう?といった具合に、
結構な数をこなさないといけない。しかりバギーレースも同様にレースしまくってBP稼ぎになる。

バトルに至っては中盤以降は秘孔付きアクションになるな。
序盤まではジャスト秘孔を覚えていないのでテンポが悪く、ラッシュコンボや奥義の発動と
一体敵を倒すまでが長いんだよな。かといってラッシュコンボからのフィニッシュコンボは
ダメージ的にみてもあまりHPを減らせないので奥義を使わざるを得ない。


宿星護符は数は多いけど全部使用する機会はとくになかったな。
ラオウの覇道の護符でザコ敵を一掃できてしまうのは楽だけど、
やはりこちらも演出が長かったりするのが傷だね。
クールタイムも長すぎて後半までは使えないと感じるので、素材を入手したら強化に使うし、
そこに素材を回せば、バギーパーツの修理で素材不足になったりと収集要素に振り回されること多し。

ケンシロウはふらりとエデンにやって来たが、今回はハッピーエンドといったところだな。
リンゴ買い込んで持っていくのはおよその察しは付いてたし、
以外だったのはあの三人がグルで裏で糸描いていたところか。
伏線があんまりなかったので、ひょんな話だったけど、裏の話はどんなのだったかと
もう少し描いても良かったような。というかあと三章くらいストーリーあってもよかったよね。

北斗の拳の龍が如く版である『北斗が如く』をプレイした感想

12年間のゲーム作りのノウハウを活かして、北斗の拳のゲームを製作したなら、
一体どうなるのか?と考えこんでしまいそうな話題ですが、
セガゲームスの龍が如くシリーズをこれまでに製作してきたチームが、
新たに北斗が如くというアクションアドベンチャーゲームを製作しました。
まぁ、名前の通り北斗の拳のゲームなんですが、龍が如くをベースにケンシロウを動かせます。

北斗の拳といえば、かなり昔に漫画の連載を終えていいるが、
なかなかファンの熱も下がらないというか、新しいシリーズを原哲夫氏が描くこともあり、
若いにおいても北斗の拳を知っている人々は結構いそうですね。
男の世界観を力強く描いた作品というのは、思ったほどないので手に取る機会も多そう?


北斗の拳の世界観では核戦争後の舞台であるが、北斗が如くにおいても同じ時代で描き、
物語は基本的にはオリジナルストーリーで描いてあるので、北斗の拳をよく知らない世代においても
分かるように北斗が如くを製作しているようです。
とはいっても、北斗神拳がいかなるものかを知らないでプレイしても大丈夫だろうか?と思うが、
まぁそこは漫画を読みながらゲーム遊べといった具合でしょうか。

ちょいと体験版を小一時間プレイしてみたが、なんか漫画に合わせた作りだな。
これまでに龍が如くシリーズを一通り遊んできたことのある人であれば、
バトルシステム的な要素はとっつきやすくできているが、ヒートアクションとなるQTEは
若干早いスピードで合わせることになるので、何かと不憫に感じるとこもあった。

ただジャスト秘孔を狙った遊びにおいても、能力解放をすることで合わせやすくなるのかなと。
でもタイミング系が少し多いように感じられるバトル内容かね。まぁ北斗といえばそれっぽいが・・・

奇跡の街だという資源が豊富なエデンでは、街をぶらつく悪党共もいて、
全然平和な場所ではなかったが、山を切り崩して作ったとは大胆な街だなと思えた。
神室町ほどでもないが、まあまあの広さがあり、街の賑わいや歓楽街、そしてナイトスポットとしての
風格を感じられるものがあり、一つの都会といったオアシスなのだろう。
バットやリンもいるようでエデンを拠点に、物語が進行していくのであろう。


バトルリザルトなんかは、オーバーキルを狙った戦い方やら、ジャスト秘孔が有効と見える。
といっても体験版なので能力解放は技しかない状況だった。
もっとケンシロウの能力をアップさせれば雑魚敵も倒しやすくなるぽいのかな。

そういや少し前には、あべしオーディションなどもやっていましたが、
結局どれだけの人が受かったんだろう?
断末魔を叫ぶという変わったオーディションであったが、
最もカラオケ店で収録するので面倒くさいと思って行かない人も多そうだね。
何にしても北斗が如くを買ってもらうための仕掛けの一つといった感じだろうな。

格闘ゲームが廃れた要因とは何だろうか?

最近の格闘ゲームはオンラインマルチ対戦が付いているから廃れたのか?
いいや何かが違うと思う。昔は地元のゲームセンターで対戦が主流だった時代波形では、
多くのプレイヤーたちが腕を競っていたもんだが、最近ではそんなことはないですね。
今ではすっかりゲームセンターも多く潰れてしまい、まぁ店舗が少ないこと…

今ではインターネットに接続して全世界のユーザーと対戦ができるので、
アーケードでも同様の状況にしないと客入らないと思うな。
長期的な視野で見て行くと、やはりそういったものが必要になってくるであろう。
とはいってもゲームセンターは、誰かがプレイしていると待ち時間も増えるので、
あえてそんなところで遊びたくないという人が大半だろうな。


ゲーム性では単純に練習時間を増やして、難しいコンボや繋げ技といった部分を練習して
対戦となる本番にぶつけるだけの作業なので、そこにユーザーはすっかり飽きてしまった
というのが現状であろうか。最終的にどの格闘ゲームをプレイしてもやることは一緒すぎて
長く続かないユーザーが多いのも格闘ゲーム離れの一つともいえよう。

さらに追い打ちをかけるように、CS業界より今はスマホゲームに勢いがあるので、
家庭用版に移植されたところで日本では売れにくくなっている要因なのはメーカーにとっても痛い。
そもそも家庭用版が売れる流れを作らずしてアーケードなんてありませんからね。
そこに常連ゲーマーしかつかなくなったことで、初心者お断りみたいな風潮になったのかと。


スト4では多くのプロゲーマーが誕生したとはいえ、格闘ゲームは逆に廃れていった感じだった。
プロゲーマーといえば、その知名度を使ってゲーム人口を増やすどころか、
むしろ減らしているような傾向もあったし、次に育つ若手もいないような雰囲気だったしな。
さらに過疎っていったことで、日本はプロゲーマーに厳しい国だと言われているが、
結局は自分らで排除したような気もするか。

プロとはいってもただの競技者みたいな感じでプレイしているだけで、
一般の人から観てれば勝手にやってればみたいな流れというか壁もあったしな。
大会自体も何となく闘会議開催しましたのようなサラッとした流れで、興味ない人は見ないだろう。
となると格闘ゲームはやはり詰んでるな。FPSのプロゲーマーも似たような感じだし、
やはり日本ではe-sportが流行るとは思えん…

FF15完全ロイヤルパックとPC版について

3月6日にはFF15ロイヤルエディションが発売するということで、
世間ではいろいろと話題になっていたが、要するに追加DLCといった内容です。
そもそもFF15本編を購入していないのであれば、これまでの特典をセットして、
またアップデートの入ったものをプレイすることができる。
ロイヤルパック版も用意されており、そちらは追加分だけのDLCを楽しむことができる。

なのでロイヤルエディションは完全版と呼ぶ方もいるが、その後の最新アップデートでさらに追加される
ような流れなので厳密には完全版ではないと言えます。
他者とのコラボコンテンツについては収録されていないそうなので、
すでにこの時点で完全版とはいえない状況ですが、オンラインのFF15戦友なども収録されている。
収録内容は以下の通りです。

  • FF15 ホリディパック+
  • FF15 ブースターパック+
  • FF15 エピソードグラディオラス
  • FF15 エピソードプロンプト
  • FF15 エピソードイグニス
  • FF15 オンライン拡張パック:戦友
  • 武器:正宗
  • 武器:メイジマッシャー
  • 武器:ブレイズエッジ改
  • 武器:ゲイボルグ
  • レガリアのカラー:プラチナリヴァイアサンエディション
  • レガリアのカラー:ピクセルキャラクターエディション
  • レガリアのカラー:シドニーエディション
  • レガリアのカラー:ゴールデンチョコボエディション
  • 衣装:ルシス王の礼服
  • アイテム:トラベルパック
  • アイテム:カメラキット
  • アイテム:フィッシングパック
  • アイテム:クッキングパック

新たなる要素となるロイヤルエディションは、セーブやトロフィーのデータを引き継いで、
プレイすることができるようなので、まあすでにFF15所持者ならロイヤルエディションは購入しないで、
ロイヤルパックを購入するといい。追加要素については以下の通りだそうです。

  1. インソムニア エクストラ マップ
  2. クルーザーの追加、新たな釣り場と料理の追加
  3. 真・ファントムソード
  4. アーカイブ
  5. ファーストパーソンモード
  6. レガリアType-Dの入手と強化クエストの追加
  7. トロフィー

さらに同じ時期にはFF15 PC版が発売される。
こちらはグラフィックがリアルといった感じで、ファーストパーソンモードが付け加えられているのが特徴。
今ではベンチマークのツールも公式サイトにて配布されているので、
自分のPCでどのくらい必要になるのか図ることができる。

結構GPUパワーは使うので、それなりに性能がいいPCでないと動かなかったりします。
スペックからして見えもオープンワールドに耐えれるSLIが好ましいですね。
もっとも4Kで動かすことになれば高いPCが必要になってきます。

サイバーコネクトツーの10年戦う新プロジェクト?

少し前にサイバーコネクトツーの松山氏が、
サイバーコネクトツーの10年戦う新プロジェクトなるものを発表していた。
新プロジェクトを始動するにあたりスタートアップメンバーの募集を行いつつ、
人員強化といったところだろうか。
http://www.cc2.co.jp/nextplan/


新規IP主義とは、今の日本のゲーム業界には必要なことだなと同情はするけど、
短期製作で内容がスカスカのゲームを作ろうとしているみたいだな。
すぐにクリアできて低価格のゲームという流れで作るのを目標としており、
それなら無料で遊べるスマホゲームを遊んだほうがいいのでは?というのが庶民の
一般的な考え方になるとは思うんだよね。


松山ピロシと言われる所以はこの辺りの考え方によるところだろうか。
すで3作のゲームを発表していたが、どれもパッとした印象が感じられないな。
社員の技術的なスキルアップではいい方針だとは思うけれども、
ゲームそのものはつまらなければ意味がない。内容がスカスカの同人ゲームのようなレベルだと
ユーザーからはゲーム離れするだけだろうし、この方針における成功道が見えてこないのよね。


また仮に失敗したとして、それも10年続ける気でいるのか?
それとも早々と2~3年を目途に今までの作り方に切り替える気でいるのかなど、
失敗したときの対処方法を述べていないところはリーダーとしてどうなんだろう?
いずれにせよ中身のないゲーム状況になりそうで、ただ作業的にクエストをこなすだけの
作業ゲームになりそうな予感もしますね。


さらにはオリジナルIpをアニメーションから生み出すことも検討しているが、
そうやすやすとゲームやアニメ1本作ったことでヒットはしないと本人が動画で述べていたが、
その割には現在、企画鋭意進行中!!となっている。


メカウデにしても、結局は前述した作品とあまり色が変わっていないというか、
似たような層をターゲットにして販売しているだけに見える。
それでコケたらどうするのか?会社は傾かないのか?と考えたが、
製作人数は少人数でやるようなのであまり経営が傾くことは少ないのかな・・・?

モンハンワールドが発売された。だが買わぬ!

ようやくモンスターハンターワールドが発売されたが、
今回はどれだけ売上が伸びるのだろう。
ずっと売れ続けてきたモンハンシリーズだが、最近は遊ばなくなってきたユーザーも
増えてきたなと思うような売れ行きになってきましたが、
そもそもモンハンを買わない人の理由はどこにあるのか調査してみた。


まずはよくある理由では、そもそもモンハンは合わなかったという理由が多いですね。
基本はアクションゲームなので仕方がないところもあるかと思う。
ましてや昔のモンハンは難易度が高めだったこともあり、そこに付いて来れないユーザーは
多かったと思うんだよね。そんでもって現在はだいぶ遊びやすくはなっているとは思う。
それでも買いたいとは思わない人が増えても分かる気はする。


次に多そうなのは、そもそもPS4のハードを持っていないだとか、
モンハンは基本的にやることが一緒なので、購入してもやることがあまり変わらない理由もある。
無印が発売されてしばらくすると完全版が発売される状況なので、
そのために無印を購入するのは見合わせるプレイヤーもそこそこいそうですね。


さらに一番買わない理由で多そうなのは、基本的に素材を集めたり、素材マラソンをやることが多いので、
そのゲーム性に飽きたという意見は割と多く見かけますね。あとは動作がモッサリしている等です。
同じクエストを何度も何度も攻略して、採集してと自分の目標に達成しづらいゲーム仕様に近いか。
やってることは10年前から存在しているPCのオンラインゲームと変わらない感じだしな。


退屈な素材集めマラソンは、みんなで携帯機を持ち寄ってワイワイ遊ぶことに尽きると語る人もいるそうで、
そうでもしないと素材集めが退屈で面倒なだけなのだという。
というよりドロップ率が異様に低かったり、モンスターを倒す過程が長かったりしてダルくなってくる。
さらにはオープンベータの時点でモンハンワールドがつまらなかったという意見もちらほら見かける状況だ。


そんなこんなで時間をただ無駄に使っているだけのゲームだったりする感じです。
ただ基本は繰り返しの作業ゲームなので、これまでによく売れたもんだなと感心するところはあるかな。

龍が如く極2 サブストーリー

今日は龍が如く極2のプレイスポットをいくつかクリアしながら、
ゲーム難易度を変更して遊んでみた。
まあ一度クリアしてしまえば、あとはトロフィー獲得にむけた遊びになるので、
そう何度もプレイする要素もなく、プレミアムアドベンチャーで遊ぶのが主になってくるであろうか。


そんな中でサブストーリーも攻略すること、だいぶ時間がかかった印象があるが、
こちらは全体的にバトルだけやって終わる光景が多かった気がする。
亜門たちが勢ぞろいしたところもあったが、用心棒ミッションで先に見てしまったこともあり、
何か拍子抜けしたところもあるが、クラウンクリエイターを含めて従業員へ渡るように、
サブストーリーが設計されていた感じですかね。


他には水商売アイランドのキャスト追加なども含まれており、
なんだかんだでいろいろと咬み合わせて作ってある感じだ。
メインストーリーでは狭山薫や澤村遥を連れて行けるところがあったりと、
合体ヒートアクションなどもあったが、トロフィーにヒートアクション使用が含まれていないだけでも
マシだったりするかもね。トロフィーコンプは全体的に獲得しやすいかとは思うが、
龍が如く極2のボリュームは結構あるので、やっぱ時間はかかるゲームだな。


そういやユウヤのブラックサンダーは久々に思い出した気がした。
ヒマワリ援助はそもそも街中でそんな援助を求めているのは状況的に不思議だな。
わらしべ伝説は犬も歩けば棒に当たるような話だが、まあ龍が如くぽいか。
イ・リュウジョンはヨン様ブームにあやかったものだが、現在ではそのブームも過ぎ去り、
今更な感じになってしまっているかw


古牧の修行は毎度用意されているが、シロ婆は龍が如く2までしか登場していなかったので、
なんにしてもシロ婆は人気がなかったキャラといえるのかな。
そもそもラウ・カーロンですらあんま人気なかった記憶がある・・・。
アメリカン野球はサブストーリーのファインダーに移らないのは何故だ!?

龍が如く極2

龍が如く極2 攻略

東城会
関東最大の組織。
三代目怪鳥・世良が殺され、会長は空席状態。

堂島組
東城会直系の組織(二次団体)で、構成員数は5千人超の最大勢力。
組長は堂島宗兵。宗兵は1995年、同組構成員の錦山に撃たれて死去。
真相は桐生と錦山しか真相を知るものはいない。

嶋野組
東城会直系の組織(二次団体)。
組長は嶋野。財力もある武闘派の強力団体。若頭は真島吾朗。
東城会の最大勢力の一つ、嶋野組。

真島組
東城会直系・嶋野組内の組織。組長は真島。
狂犬真島の絶対的な暗殺・襲撃の精鋭部隊。

真島吾朗
東城会直系・嶋野組若頭・兼真島組組長。
武闘派嶋野組の特攻役となる超・武闘派。
身内のものであろうと、容赦なく暴力を振るう事から嶋野の狂犬と呼ばれる。
桃源郷襲撃で奇跡の復活を遂げるが、最後は桐生の前に敗れ去る。純粋な極道者。

近江連合
五代目・近江連合。
東城会と肩を並べる関西の雄。
本部長の寺田は錦山と兄弟関係。

寺田行雄
五代目・近江連合本部長。
関西の最大勢力『近江連合』の本部長を務める。
風間とは渡世に入った頃からの古い付き合い。
義理堅く、恩義のある風間を助けるため動く。

蛇華
中国系マフィア、本部を中華街に構える。
利益の為には手段を選ばない凶悪集団。

ラウカーロン
中国系マフィア『蛇華』総統。
12年前、まだ駆出しの桐生を取引ではめる。その時、瀕死の桐生を助けたのが風間。
ラウはその時以来、桐生と風間に強い執着をもっている。
東城会の動乱に上手く入り込み、遥を誘拐。だが桐生の前に志半ばにして倒れる。
ラウの真の狙いは、遥そのものにあるらしい。

警視庁
東京都を管轄する警察組織。
伊達は10年前、捜査一課に所属していた。

須藤
警視庁刑事部捜査一課長。
伊達と桐生の関係に気付いた警察上層部から異例の捜査要請を受ける。
桐生を横浜で逮捕するが、伊達の独断行動を見逃し、脱走を許す。

マル暴
刑事四課の通称。
暴力団関連の犯罪を扱う。伊達が現在所属する組織。

伊達真
元・警視庁刑事部捜査一課、刑事。
現在、一課を離れ、四課に所属。10年前の堂島宗兵殺害事件の担当刑事。
当初、捜査目的で桐生に近付いたが、彼の本当の姿を見て、真の協力者となる。
昔の部下である、警視庁捜査一課長の須藤に行動を監視されている。

街の外れにある公園の通称。
ホームレスが多く住み着いた無法地帯。

賽の河原
サイの花屋。伝説の情報屋。元、警察官。
10年前、親を殺した桐生に興味を持ち、接触後は協力者となる。
地下のモニタールームから得た情報は正確無比。

澤村遥
由美と神宮の娘。遥の実の母親は由美。美月は由美が演じた仮の姿。
5年前から孤児院に入り生活をしていた。

サイコブレイク2、今度はユニオンに挑むセバスチャン

今度発売されるサイコブレイク2は、奥深いストーリーで2だけで完結した作品だという。
世界に没入するにはナンバリングタイトルだと前作の物語が必須だったりしますが、
今作は単体でストーリーが分かる内容になっている。
クリア後に前作をプレイしてセバスチャンの過去や事件を詳しく知っていくのもよし。

今作ではユニオンというSTEMが舞台になっている。
リリーの心のコアで作られていることからすると、メビウスはなぜリリーを利用したのか
何かと疑問に思うところもあるが、セバスチャンからしてみれば迷惑な組織だけでしかない。
セバスチャンは刑事もやめて、私生活ではアル中の状態らしいのでたまったもんじゃない。

また悪夢が広がるSTEMで今度は娘を探しに出かけるわけですから、
命がいくつあっても足りないですね。
サイコブレイク2ではマップ探索に自由度が増えたようなので、
隅から隅まで探索を行い、遊べるようになっているのでよりゲームらしくなったといえる。

もちろんサバイバルホラー要素はそのままに、ストーリーではユニオンの秘密を解き明かしながら、
物語を進めていくので、今回でどこまでメビウスに立ち入れるかが見ものだろうか。
ユニオンには人間キャラクターはセバスチャンだけではなく、
STEMの工作員だったり、殺人鬼のステファノやセオドア神父といったキャラクターもいるので、
今作はクリーチャーだけではなく、別の視点で物語が展開しそうな予感もします。

おぞましいオブスキュラやガーディアンなどを見てると、
セバスチャンも相当勇気のある性格だと驚かされるが、精神世界とはいえ死ねば
現実世界に反映されるので、やっぱ命がけのサバイバルなんですよね。

バトルではサバイバルホラーなので、クラフトシステムは用意されている。
いろんなところで弾薬を見つけて使用する流れだけではなく、
ワークベンチなどで弾薬作成やら武器のカスタマイズができるようになっているので、
必要に応じて必要なものを生み出せる点は遊びやすくなったといえる。

もちろんフィールドにあるアイテム数は限りがあるので、最終的には自分で作るのが
醍醐味になってきそうな気もします。
それとスキルはアビリティも用意されるようになったので、
グリーンジェル集めは相変わらず必要なので、クリーチャーを倒さずに進むのは
あまりよくないプレイ方法だな。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー