ブラザーフッド ファイナルファンタジー15


過去の出来事を夢に見ながら、カエムを目指すノクティス御一行
ノクティスが幼少の頃に、腕が6本に蛇のような尾を持つモンスターに殺されかかる。
その際にノクティスの父親レギスがファントムソードでモンスターを攻撃し、ルシスの側近も集まってくる。再度レギスを中心に回っていたファントムソードを飛ばすと、
気絶していたノクティスがベッドの中で目を覚ましてレギスに手を握られる。

その一連のシーンはノクティスの過去の出来事で、ノクティスは車(レガリア)の中で
過去を想い出す夢を見ていて目覚める。ノクティスたちはカエムを目指して車を走らせていたが、その手前で補給することになった。

レストランでルシス王国の現状を知る
レストランで腹ごしらえをしようとメニューを眺め、プロンプトが「ノクトは?」とメニューを訊ねると、それを聞いたレストランの女店員がルシス王子では…と勘づくが、グラディオラスがサッと間に割って入り、ハンバーガーと飲み物、そして店員のオススメを4つ注文してノクティスの事を悟られないように行動を起こす。

野菜嫌いのノクティスは、ハンバーガーの中に入っている野菜を取り除いてイグニスへ渡す。
グラディオラスはノクティスの偏食ぷりを見てイグニスを忠告するが、イグニスは「どうせなら本人にそう伝えてくれ」と言い返す。

プロンプトがケチャップをテーブル一面に散らかし、慌ててイグニスが清掃していると
店内のラジオから政治ニュースが放送される。ニフルハイム帝国の襲撃によりルシスの王族は死亡。そのため無政府状態となったルシス王国。その後、暫定統治機構が設立されることが決定し、ルシス王国はニフルハイム帝国の管理下に置かれる。

そんなニュースを聞いていると、レストランの外にニフルハイム帝国の揚陸艇がやって来て、
揚陸艇から次々と帝国魔導兵が着陸する。それを見たノクティスたちは早々にレストランから立ち去る。

その他のカテゴリー