« 龍が如く極2 サブストーリー | トップページ | サイバーコネクトツーの10年戦う新プロジェクト? »

モンハンワールドが発売された。だが買わぬ!

ようやくモンスターハンターワールドが発売されたが、
今回はどれだけ売上が伸びるのだろう。
ずっと売れ続けてきたモンハンシリーズだが、最近は遊ばなくなってきたユーザーも
増えてきたなと思うような売れ行きになってきましたが、
そもそもモンハンを買わない人の理由はどこにあるのか調査してみた。


まずはよくある理由では、そもそもモンハンは合わなかったという理由が多いですね。
基本はアクションゲームなので仕方がないところもあるかと思う。
ましてや昔のモンハンは難易度が高めだったこともあり、そこに付いて来れないユーザーは
多かったと思うんだよね。そんでもって現在はだいぶ遊びやすくはなっているとは思う。
それでも買いたいとは思わない人が増えても分かる気はする。


次に多そうなのは、そもそもPS4のハードを持っていないだとか、
モンハンは基本的にやることが一緒なので、購入してもやることがあまり変わらない理由もある。
無印が発売されてしばらくすると完全版が発売される状況なので、
そのために無印を購入するのは見合わせるプレイヤーもそこそこいそうですね。


さらに一番買わない理由で多そうなのは、基本的に素材を集めたり、素材マラソンをやることが多いので、
そのゲーム性に飽きたという意見は割と多く見かけますね。あとは動作がモッサリしている等です。
同じクエストを何度も何度も攻略して、採集してと自分の目標に達成しづらいゲーム仕様に近いか。
やってることは10年前から存在しているPCのオンラインゲームと変わらない感じだしな。


退屈な素材集めマラソンは、みんなで携帯機を持ち寄ってワイワイ遊ぶことに尽きると語る人もいるそうで、
そうでもしないと素材集めが退屈で面倒なだけなのだという。
というよりドロップ率が異様に低かったり、モンスターを倒す過程が長かったりしてダルくなってくる。
さらにはオープンベータの時点でモンハンワールドがつまらなかったという意見もちらほら見かける状況だ。


そんなこんなで時間をただ無駄に使っているだけのゲームだったりする感じです。
ただ基本は繰り返しの作業ゲームなので、これまでによく売れたもんだなと感心するところはあるかな。

« 龍が如く極2 サブストーリー | トップページ | サイバーコネクトツーの10年戦う新プロジェクト? »