« テイルズオブベルセリア 攻略 | トップページ | FF15 チャプター14「帰郷」のストーリー »

東京ゲームショウに見るFF15の動向

今年も盛大に行われた東京ゲームショウ2016でありますが、ファイナルファンタジーの新作・FF15の動向が何かと気になるものがあった。発売日が11月29日へ変更されたことにより、最近ではあまり情報的なものが投稿されることはなかったが、東京ゲームショウでは新たな動きが見られるような内容だったのではないでしょうか。


まずはセブンネットでは限定販売のFF15グッズを大量に販売していた。まあこういったことはゲーム発売前にはスクエニはやってくるだろうなと思えるコラボ内容でしたかね。こういったグッズによる収益はゲームメーカーにとって、どれだけ収益になるものなのか不明だが、ファン層を増やすという目的の意味合いの方が強いのかもしれない。シルバーアクセサリーや時計など、幅広い分野で展開してたのが印象的であった。とはいえ、値段がうん十万もするグッズなどはさすがに学生勢には購入するのは無理でしょう・・・。田畑Dなどは例のベヒーモスのスカジャンなどを来て登場してアピールしてた感じだし、売る気は一応あるのでしょうね。


少し前に発表していた新型PS4の同梱版は、ルーナエディションというコラボデザインを発表していました。まあ新型と言っても薄型のPS4であって、Pro版のほうは発売されないぽいので、すでにPS4を購入している人からすれば今更なところがありますね。値段的に見てどうなんだろう?セット売りだから若干安くなっているのだろうか・・・?


そして東京ではスクエニカフェをオープンするのだとか。もっともそういったキャラクターカフェみたいなのはすぐ潰れてしまう印象がありますね。FF15だから一度は行ってみようと思う人はきっと多いとは思うのですが、所詮はカフェなので定期的に行ってくれる人がどんだけいるのかが重要になってくると思う。カフェの内容はノクティスやらニフルハイムのキャラクターなどで飾ってあるので、少しはFFらしさを感じるカフェへとなっている模様。イグニスの料理を再現しているのはシャレているところがあるな。あとATRでも放送すると言ってたわ。


カップヌードルとはコラボしているらしい。それでグラディオの特別クエストもあるそうで、やることが随分手の込んでいる内容になってきたな。でも安易に店とのコラボはあまりやってほしくはないな。なんかファイナルファンタジーの世界観が壊れそうでヤダ!ファイナルファンタジーな雰囲気を現代的に彩って壊れる可能性もあるな。


それより不具合が多かったジャスモンなどはある程度解消されたと大佐が登場して言ってたな。ピンボールで弾くだけのミニゲームだが、長く遊べる内容でもないので、さすがにもうプレイしていない層もいっぱいいるみたいだった。そもそもFF15と連動した遊びが提供できないようではジャスモンやる意味なくね?と考え込む人も多いといえよう。何かしら対策してほしいところですね。


でも新作のキングスナイトという新しいアプリを発表してたので、それがどの程度懐かしいのか気になるところではあります。キングスナイトはファミコンで発売して、今年で30週年を迎えるそうだから、どんな感じになっているのか気になるところでもある。


あと予約特典のデラックスとアルティメットにはドラマCDが付くらしい。まあ単品売りばかり優遇されてんじゃ意味がないので急遽付けることになったのだろう。次回のアクティブ・タイム・レポートは9月30日に放送するので結構近いですね。ちなみにスクエニカフェで何をやるんだろう?

« テイルズオブベルセリア 攻略 | トップページ | FF15 チャプター14「帰郷」のストーリー »